ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

村上謙(2010)対照表形式の近世後期上方語彙資料

村上謙(2010)「対照表形式の近世後期上方語彙資料」『埼玉大学国語教育論叢』13

要点

  • 近世後期における上方・江戸の対照形式の、これまで注目されてこなかった資料について
    • 『浪花聞書』『新撰大阪詞大全』、『浮世風呂』の方言会話部分といったものが有名

上方出身者の随筆

  • 上方出身者の随筆として、
    • 『宝暦雑録』に、上方内の珍しい言い方である「さんしよう」や「せんぼう」といった特殊社会語彙が収録される
      • 女をげんさい 男をひで
    • 浪花見聞雑話にも「せんぼう」や流行語についての記述あり、
      • 貴様をどうじく さかなをたつほ
      • 当時はやり詞 一 声じや 安永 一 すか 天明
    • ほか、『摂陽落穂集』(1808)に符帳の記述あり
  • 一般社会語彙のものとしては、
    • 『浪花みやげ』(天保頃)の「大阪江戸風流ことば合せ」の章
      • (大坂にて)ぬくいトいふことを (江戸にて)ぬくといとい
    • 『繁花風土記』(1814)にも流行語、言葉遣いの差の記述あり

上方洒落本

  • 『粋行弁』(1783序)の附録「浪華粋言」「京都粋言」「東武通言」「中華言」
    • 浪華粋言:せんぼうをいふを あがくといひ
    • 京都粋言:きつい十一とは 土じやといふ事
    • 東武通言:つうとは 粋の事
    • 中華言:スウクワン 侍
  • 影響を受けたものに『客野穴』(1840)
    • 物いわすを ひつそり

非上方出身者による見聞記類

  • 『見た京物語』(1766)
    • 天気暑寒の事、気分の事あんばいといふ。
  • 『羇旅漫録』(1802)
    • すべて女はなといふことをそへていふ。
    • わしがけふな、かみあらふてな、とんとおちんさかい、いま〳〵しうてな、
  • 『燕石雑志』(1809頃)
    • 江戸のからといふべきを、京より以西なる人はなべてさかひといふ
  • その他、『浪花洛陽振』(1828頃か)などがある

雑記

  • もう11月かと思った頃には11月が終わっている