ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

山田潔(2001)助動詞「うず」の表現性(2)史記抄における助動詞「う」「うず」

山田潔(2001)「助動詞「うず」の表現性」『玉塵抄の語法』清文堂出版 初出1975「史記抄における助動詞「ウ」「ウズ」の考察」『国学院雑誌』76(7)

要点

  • キリシタンの結果に基づきつつ、抄物におけるウ・ウズについて考える
  • 以下の点はキリシタンと同様
    • 1 ウは疑問詞と呼応し、単純な推量を表すのに対し、ウズは確かな推量および近接した未来を表す
    • 2 ウは願望の意味を帯びた意志を表すのに対し、ウズは当為の意味を帯びた意志を表す
    • 3 ウズは意志推量の他に、当然・適当・予定・可能・命令を表し、ほぼベシの意味領域を網羅する
  • 「ウは単純な推量、自発的な意志を表し、ウズは判断を表す」とまとめられるが、この差が以下2点に現れる
  • 4 ウは仮定表現に用いられる
    • ウニハ・ウニコソ・ウ時ニハ・ウナラバ・ウバ
    • これは、ウが単純な推量を表すことによる
  • 5 逆接の場合はウズが用いられる
    • ウズ(ル)ニ・ウズガ・ウズヲ、ウズモノヲなど
    • 已然形もある(ウはコソ~ウメの例があるなど、もはや無関係のものと捉えられている)
    • このウズの用法は、そのままベシにも当てはまる

雑記

  • Celesteが面白すぎる、Chapter9がムズすぎる