ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

坂井美日(2015.7)上方語における準体の歴史的変化

坂井美日(2015.7)「上方語における準体の歴史的変化」『日本語の研究』11(3)

要点

  • ゼロ準体からノ準体の移行について、
    • ノの付き初めには形状・事柄のタイプに差はなく、ノ準体化は形状タイプが先に進行したことを示し、
    • ノの起源に「属格句ノ」の、連体形節に対する統語的類推を想定
    • 「準体助詞準体への移行は形状タイプが先行」という仮説を提示

前提

  • ゼロ準体の衰退と準体助詞準体(ノ準体)の発達について、
    • 信太説(終止形連体形の合流によりゼロ準体が中世末に衰退、中世末~近世初期にノによる補償、明治頃までに発達)には時期の問題がある
    • 終止形連体形が合流しているのにゼロ準体が衰退していない方言もあり、要因として認めがたい
    • 形状タイプが先行し、代名詞的ノに起源を求める青木(2005)の推定は実情とは異なる
    • 両タイプ同時説は現在受け入れられていないが、覆されるほどのものでもない
  • 実際のデータと方言のデータに基づき明らかにしたい

調査

  • ノ率を調査すると、

f:id:ronbun_yomu:20190420170506p:plain
p.37

  • 近世中期Ⅰ(元禄~宝永)~Ⅲ(明和~安永)まで形状タイプと事柄タイプには有意差がない
  • 形状タイプは近世後期Ⅰ(寛政~文化)にノ準体への移行が進展する
    • ゼロ準体は数字的には衰退していないが、形容動詞に残ること、知識層まがいの話者の発話であることなど、衰退を窺わせる
  • 事柄タイプは近世後期Ⅱ(文政~天保)以降にノ準体へ移行
  • 以上より、ノはタイプに関係なく付き始め、ノ準体への移行が形状タイプから進行した、と考えられる

ノの起源と変化の方向性

  • 代名詞説は、明和~安永まで両タイプへの付接状況が同様であったという事実を説明できない
  • ここでは「属格句+の」説を想定
    • 人妻とわがのとふたつおもふには(好忠集)/伊勢がのがすぐれて面白といふなり(耳底記)
    • 初出の時期が早いのが問題となりそうだが、初期の例は一人称「わがの」に限られるのに対して、中世~近世初期には代名詞のバリエーションが広がり、生産性を獲得したと考えられるので時間差は問題とならない
    • また、連体形節+ノの発生について、補償関係は想定せず、統語的類推によるものと考える(「連体形節は元より, 連体修飾用法と名詞用法(=ゼロ準体)を持つ点で統語的に属格句と通じる。」)

f:id:ronbun_yomu:20190420170533p:plain
p.44

  • 上方語、江戸語、宮古語の観察から、「準体助詞準体への移行は形状タイプから進む」という一方向性が想定される
    • 形状タイプ側そのものに要因がある、と考える
    • ゼロ準体が欠落のある連体修飾節として再解釈されたものか?

雑記

  • アルコール摂取するとアレルギー出るようになってきた…?

松本昂大(2016.10)古代語の移動動詞と「起点」「経路」:今昔物語集の「より」「を」

松本昂大(2016.10)「古代語の移動動詞と「起点」「経路」:今昔物語集の「より」「を」」『日本語の研究』12(4)

要点

  • 移動動詞の意味的特徴によって、起点を表す格助詞の用法が決定される

前提

  • ヨリ・ヲは概ね、起点・経路を表すとされている
    • が、万葉集にはヲが特定の動詞(離れる意味を表す動詞)にしかつかないことの指摘がある
  • ヨリ・ヲの使用実態を、動詞との結びつきから明らかにしたい
  • 調査語は「至る」「出づ」「御す」「返る」「来たる」「越ゆ」「去る」「過ぐ」「通る」「離る」「参る」「渡る」

要点

  • 結論先取り

f:id:ronbun_yomu:20190418161955p:plain
p.88

  • A ヨリ・ヲの両方を承け、いずれも経路の用法を持つが、ヲが起点を表すことはない(すなわちヲは常に経路)
    • 移動の過程に特別な関心がある場合(経路を強調する場合)にヨリが経路を表すことがある
      • 車ヲ去テ,城ノ外ヨリ過ギ給ヒヌ
  • B・C は、いずれもヨリ・ヲのどちらか専用で、起点の用法しかない
    • 「より来たる」と「を離る」の対照によれば、「来たる」は国・地名や不定語の上接が多く、「を離る」は抽象的概念を承けることが多い
  • D「出づ」はヨリ・ヲの両用で、どちらも起点を表す
    • 移動のあり方によって分類が可能
      • 「出現」のうち、無情物、出自・来歴の場合にはヨリ
      • 出発した後に移動がある場合はヲが多く、移動がない場合にはヨリが多い
      • 「出づ」後に別の移動がある場合にはヨリ
  • 動詞の意味的特徴を考える
    • Aは経路と結びつくことができる動詞
    • B~Dを、BとCの中間にDがあるものとして、着点「ニ」との結びつきを考えたとき、
      • Bと、出現を表す出づは着点との結びつきが強く、起点との結びつきは弱い
        • 「里ニ出デヽ乞食シ給ヒケリ」のように着点が明記され、起点は明記されない
      • 一方でCにはニとの共起はなく、「いなくなる」ことへの焦点が強い
  • 通時的には、「を出づ」は当初出発を表したが、のちに出現を表すようになり、「より出づ」の領域を侵食した
    • 今昔以外の「より出づ」「を出づ」をCHJ見た結果による

雑記

  • かもめが翔んだ日」のイントロでかもめがピュウピュウ鳴いてるとこめっちゃ笑っちゃう(聞いてみて下さい)

佐藤嘉惟(2018.6)世阿弥自筆能本の表音的表記:表記の揺れと執筆過程

佐藤嘉惟(2018.6)「世阿弥自筆能本の表音的表記:表記の揺れと執筆過程」『能と狂言』16

要点

  • 表音的とされてきた世阿弥能本に非表音的箇所があることを指摘し、
  • その表記揺れの生まれる過程に書写行為があったことを想定

研究史

  • 能本への注目は、日本語史研究において大正期(吉沢義則)、能楽研究において戦後から
  • 日本語史研究において、仮名遣いに「音標的なる事」(表音的)、「歴史的考察を加へたる」(非表音的)のあることの指摘
    • ただし、表音的であるという前提は詳細に検証されていない
  • 戦後の能楽研究においては、表音的な表記が世阿弥独自のものと見る議論が提出されている
    • ただし、非非表音的であるという性格については検討されていない
  • 個々の音声現象がどれだけ具体的な表記に反映されているか?を検討する

音声現象

  • 促音表記について、
    • ツ字の小書きは世阿弥独自の工夫とされるが、天台宗声明譜本に同様の事例があり、世阿弥の手本となったものと考えられる(沼本克明)
    • 促音・撥音に表記の混乱があるが、これは中世においてごく一般的な現象
      • 以上2点は表音的な表記と捉えられる
    • 一方、四段動詞促音便についてはヨテ・アテなどが促音非表記であり、音韻上の条件ではなく、語種がそれを決定すると考えられる
  • 濁音表記について、
    • 非字音語に濁点を付すかどうかでグルーピングが可能
    • 二濁点か三濁点かは、時期的な問題か
  • 連声表記について、
    • 助詞ハ・ヲに連なる連声は、撥音系は豊富だが、促音系の連声はネンブツトのみ
    • 世阿弥時代には既に連声が規則的な現象ではなかったとする見方があるが、「当時の標準的表記方からすれば連声は表記しないという意識があった」とみたい
      • すなわち、連声形の方を表記規範の破れと見る
  • ハ行転呼音の表記について、
    • 候・給に見られるヘ字は事実上の表音表記(音はエだが、漢字と仮名が一体化しているものと考える)であるが、助詞ハのハ表記は、表音的原理が緩んだもの
  • 以上をまとめると、表音的な箇所も非表音的な箇所が混在し、融通無碍な態度を取っていたものと読み取れる
    • 確かな理論付けがあるというよりは、むしろ出たとこ勝負で書かれたのではないか

表記の揺れの背景

  • 能本はいかにも「一から作った」ように考えられがちだが、目移りのある箇所などがあり、既存の本を書写して成ったと推測される箇所がある
  • 能「柏崎」などでは曲舞の移植が見られ、これが表記の揺れを生んでいる
    • ハ行転呼音のハ行表記は移植箇所にしかない
  • 同様、能本内部以外に、曲間の揺れ(表音性の高低)についても、他作者の能本の書写が要因として考えられる
  • 世阿弥にとって能本は、後代にテキストとして伝えようとしたものというより、草稿的性格の強いものだったのではないか?

雑記

  • お、おもしれ~

大鹿薫久(1999.3)「べし」の文法的意味について

大鹿薫久(1999.3)「「べし」の文法的意味について」『ことばとことのは 森重先生喜寿記念』和泉書院

要点

  • 上代のベシの意味について
    • 他のモダリティとの相違点について、対象的・作用的意味の両方を認めることで説明する

前提

  • 上代語ベシに、推量周辺のム系、ラシ、終止ナリと異なる点が2点見出される
    • ベシのみが連用形を持つ
    • 疑問文での使われ方が、ムと比べれば非常に低いものの、ラシ・終止ナリが使われないのと比べれば、使われてはいる

連用形を持つこと

  • ほとんどが動詞述語の意味を限定するもので、推量というよりは「そのような状態に」というような意味合い
    • 我かやどに盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも(851)
  • この「~の状態に(で)」は、以下の2つに分けられ、これらはすなわち「ある事態が内在する状態」である
    • まもなく出来する状態(しそうなほどに):通るべく雨はな降りそ(1091)
    • 事態が可能な状態(できるほどに):見つべくも照る月夜(1082)
    • 他、「適当」「許可」と解される例もあるが、これも対象的に記述されたものである(言語主体が主観的に付与する価値ではない)
  • この意味は終止形にも現れるが、終止形においては言語主体側の捉え方(ここでは「作用的意味」)としても現れる
    • 明日と言はば久しくあるべし(1309)
  • すなわち、ベシは対象的意味・作用的意味の両方を持ち、これによって連用形(対象的意味を担う)を持つ理由が説明できる

疑問文に少ないながら見られること

  • ム・ラム・ケムで30-40%、ベシは13%程度、ラシ・終止ナリは全く使われない
  • 全て対象的意味で使われている
    • 紅に衣染めまく欲しけども着てにほはばが人の知るべき(1297、「人が気付く状態になる」)
    • 作用的意味で用いられるベシは疑問文に生起しない、ということになるが、その作用的意味は何なのか?
      • (ムなどの作用的意味(推量)は論理的に考えて、否定も疑問もできない。否定された事態の推量はあっても、「推量の否定」はない)
  • この作用的意味は、現代語のカモシレナイ、チガイナイ、ハズダに近く、話し手が「そう把握している」ことを示す意味
    • 「ある事態が内在する状態」を話し手が把握し、そう述べているものと考える

雑記

中沢紀子(2004.11)連体修飾節にみられるウ・ウズル

中沢紀子(2004.11)「連体修飾節にみられるウ・ウズル」『筑波日本語研究』9

要点

  • 中世末期における連体用法のウ・ウズルについて、以下の点を示す
    • タリ・テアル・ズとの共起が少ない
    • 形式名詞を修飾しやすい
    • 連体節の事態が主節より後のもの

前提

  • ウ・ウズルは「未来」「推量」「意志・決心」「当然」などと記述されるが、連体節についてはどうか
  • エソポ・天草平家における、述部にウ・ウズルを含む連体節(ウ・ウズル+名詞)を観察する

連体節のウ・ウズル

  • 述部の構成要素を見ると、
    • テアル、ズとの共起が少ない
    • 動詞の種類に偏りはない
  • ウ・ウズルの被修飾名詞を見ると、通常の名詞に比して、形式名詞がウ・ウズルを承けることが多い
    • これは、無標の場合(形式名詞以外:形式名詞=1:4)と比べても言える傾向
  • 副詞との共起を見ると、
    • 過去の副詞との共起が見られず、現在や未来の時点、推量、程度・状態副詞などが見られる
    • cf.おん首をただいま討ちまらせうずることは、なかなかかなひがたい)
    • 連体節ウ・ウズルの述部が示す事態の時間的前後関係は、主節と比べて後である

雑記

  • お前の誕生日に結婚式するから来てね!って言われた

永田里美(2018.3)『源氏物語』における反語表現:会話文中の「ヤハ」、「カハ」について

永田里美(2018.3)「『源氏物語』における反語表現:会話文中の「ヤハ」、「カハ」について」『跡見学園女子大学文学部紀要』53

要点

  • いわゆる反語のヤハ・カハの差異を示す
    • ヤハの結びは既実現要素、カハの結びはムなどの未実現要素に偏り、
    • ヤハは聞き手に直接的に求める反語、カハは婉曲的に事態の不成立を訴える反語表現である

前提

  • 疑問のヤ・カにハが後接したヤハ・カハは、ともに「反語」とされるが、その振る舞い(の異なり)については未だ明らかでない
    • あゆひ抄では、文末ヤハは「目のあたりの勢い、よし見よかしの心」、文末カハは「おしなべたる理によりて静かに、言わねどしるき理」とされるが、どうか

ヤハとカハ

  • ヤハは結びに存在詞やアリ系の活用語などが多く、現実的・客体的事態を問う反語表現と解釈される
    • ベシ、ズ、ケリ、キ、メリなどに偏り、ムは少ない
    • モダリティ形式を使用しない「現場型疑問文」にかなり近い性質(対話場面、存在詞、基本形・キ・ツ、など)を持つ
  • カハの結びはム、マシ、ベシ、ケム、ラムなどに偏り、主体的事態を表す、自己の内面の戸惑いを表すタイプの反語表現と解される
    • こちらは「観念型疑問文」に近い性質を持つ
    • ヤハとは異なり、反語か疑問(不定疑問・困惑)かの区別が難しい例が見られ、「婉曲的なニュアンスがうかがえる」
    • 聞き手が不在の例もあり、やはり自問的
  • 中古の疑問文の多くは観念型であるが、会話文において、単体のカは推量の助動詞を常に要求するわけではないので、ヤハ・カハの結びの特性は反語のスタイルとして意識されたものである
    • ヤ(肯否疑問文)は述部を、二者択一で迫るので、それがヤハの場合に聞き手の配慮を欠く表現になる
    • 一方カ(不定疑問文)は、いくつかの選択肢を提示し、カハの場合に、想像(未実現・非現実)を介して話し手の意図する回答を選ぶことになるので、そこに推量の助動詞の生起し、婉曲的に不成立を訴える表現になる
  • このようなヤハ・カハの表現価値の異なりは、源氏の人物造型にも影響を与えており、例えば、ヤハは女性から男性に使用されにくいことが観察される

雑記

  • どうだろうか

anond.hatelabo.jp

岡﨑友子(2011.11)指示詞系接続語の歴史的変化:中古の「カクテ・サテ」を中心に

岡﨑友子(2011.11)「指示詞系接続語の歴史的変化:中古の「カクテ・サテ」を中心に」青木博史編『日本語文法の歴史と変化』くろしお出版

要点

  • 指示詞接続語カクテ・サテについて、カクテが衰退し、サテが指示詞の機能を失って接続語・感動詞として展開していくことを示す

前提

  • 指示詞としての機能からカクテ・サテの分析を行い、その変化について記述したい
  • カク・サについて確認しておくと、
    • カクは直示・照応、サは照応・観念・曖昧指示の機能を持つ
      • サの直示用法は中世末に確立
    • 中世~近世にカク・サ系列からコ・ソ系列へ
  • 現代語のサテは指示詞としては働かず、カクテはそもそも活発ではない

カクテ・サテの変化

  • カクテ・サテを以下の5類に分類。B-Dが接続語、Aは副詞的、Eは感動詞的なもの
    • A 指示詞。先行文脈を指示対象とし、後続文脈に係る
    • B 指示詞。先行文脈を指示対象とし、先行文脈の事態によって後続文脈が起こることを示す
    • C 指示詞の機能が形式化して、添加、転換を示す
    • D Cとほぼ同じで、先行文脈が言語的でないもの
    • E 感動詞
  • 全体的に、「カクテは衰退し、サテは接続語として展開」という歴史が描ける
    • 中古において、カクテ・サテは指示副詞のカク・サと性質が近いが、サテの方が接続語として展開し始めている
    • 中世において、カクテはCのうち転換として働く例が見られなくなる、中世後期には激減するなど全体的に衰退、サテはAが衰退してC・D・Eが優勢になる(接続語へ)
    • 近世になると、サテのA・B(指示詞として機能するもの)が見られなくなる
  • 変化要因は、先行文脈を後続文脈につなげる接続語の性質は、指示詞においては照応用法が持つもので、それはサ・ソ系列の主な機能であるためか
    • ただし、カク・コ系列にも照応の働きはある

雑記

  • 全然自分のことする時間ないじゃん、バカ