ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

月本雅幸(1992.11)院政期の訓点資料における助動詞

月本雅幸(1992.11)「院政期の訓点資料における助動詞」『国語と国文学』69(11)

要点

  • 平安初期訓点資料に比して院政訓点資料が活用されることは少ないが、価値が低いとは言い切れない
    • 当時の口語を含む部分がありそうな一方で、移点などによる年代的重層性を持つことを制約として理解しつつ、その性格について考える
  • 築島1963で言及される、慈恩伝(1099, 1116加点)の助動詞は、
    • 推量がム・ベシ・ジに大きく偏り、マジ・マシ・ケム・ラムはほぼなく、ラシ・メリ・ムズ・終止ナリはない、回想もケリは少ない
  • 少ないなりに使われている理由として考えられるのは2点、
    • 1 平安時代前半の訓法の固定化
      • 平安前期訓点資料には確かに助動詞のバラエティがあるが、しかしケム・ラムなどはやはり使われていない
      • 慈恩伝の訓点がそもそもあまり古い訓法を残していないので、助動詞だけ残るというのも変
    • 2 平安時代後半の口語の混入
      • 慈恩伝のラム・ケム・マシ・マジが全て会話文中であることに注目すると、こちらの可能性が高い
  • 他の資料にもそれぞれの事情がある
    • 石山寺大唐西域記長寛元年(1163)点は、ケリ・マジ・ラムのうち2/3例が会話文
    • 因明論疏天永4年(1113)点はイ・ソヱニなどの古い訓法を残すが、助動詞の使用は他資料同様少ない
      • また、マジ・ケム・ラムの使用はなく、これは問答形式であることと関係するか
    • 神田本白氏文集(1113)はマシとケムが比較的多い
      • これは漢籍訓点資料で、異訓の併記があること、伝承性が強いことによるもので、これは院政期の要素として見ることはできない
      • 漢籍訓点に元来和文的要素が強いことによるものだろう

要点

  • 諸事情で DELETEです 流行らんかな

小松光三(1992.11)体言に連なる助動詞「む」の表現:『枕草子』の場合

小松光三(1992.11)「体言に連なる助動詞「む」の表現:『枕草子』の場合」『国語と国文学』69(11)

要点

  • 連体ムの「仮定・婉曲」の説明に問題があるので、統一的説明を目指して、(中古和文の代表としての)枕草子の連体ムについて考える
  • 以下の5つの傾向がある
    • 1 連体ムは、会話文において、文頭(の名詞の修飾)に使われやすい
      • 若からむ人は、~。
    • 2 文末は命令やベシ系助動詞で結ばれやすい
      • おのれをおぼさむ人は、歌などよみて得さすまじき。
    • 3 コソ(確実な既知の情報を提示する)が用いられやすく、ゾの例は多くない(ので、やはり「婉曲」とは言い難い)
    • 4 形式名詞やそれに準ずる名詞を修飾しやすく、
    • 5 人間を表す名詞が半分を占める
  • こうした連体ムは「事物や事象を、話し手の心のなかに『事実の映像』で描き出して表現し、さらに、それを後続の体現に結合していく」ものと考えられる*1

雑記

  • ムムム

*1:この後1-5と結びつけるが、色々と理解の難しい箇所があるので省略

黄孝善(2020.3)近世江戸語終助詞の階層性と体系

黄孝善(2020.3)「近世江戸語終助詞の階層性と体系」『国語学研究』59

要点

  • 標記の問題について、田野村1994が以下の分類を試みているが、説明できないものがある
    • ワ(A)+サ(A)の処理の問題、ヤサ・ヤイの例があることなど

f:id:ronbun_yomu:20201013223953p:plain
p.415

  • 承接順序を示すと以下の通り、
    • カ+イ・エ・サ・ス・ナ・ネ・ノ・ヤ・ヨ
    • ワ+イ・エ・サ・ス・ナ・ネ・ノ・ヤ・ヨ…
    • としていくと、次のように整理でき、

f:id:ronbun_yomu:20201013224145p:plain
p.424

  • 以下の3類に分けられる
    • A:カ・ゾ・ワ・ゼ
    • B:ヤ・サ・イ・ヨ・ナ
    • C:ネ・エ・ノ・ス
    • ただし、ヤはイ・ヨが後接し、ナはヤ・ヨ・サに後接するので、

f:id:ronbun_yomu:20201013224314p:plain
p.425

  • この承接順はそれぞれの終助詞の基本的意味と関係する*1
    • A類は(話し手による)「新しい認識」を示すこと
      • ゾ:新情報の伝達と認識の要求
      • ワ:話し手の状況と想定とのギャップ
      • ゼ:話し手の状況に対する非難・マイナス評価
    • B類は「情報が自分側にあるものとして示す」こと
    • C類は「情報をまだ受けいれてないことを示す」こと

雑記

  • 国語学研究59、めちゃ気合い入ってる

*1:これは各類の共通項を取り出しただけで、この階層になる理由が示せてなくて惜しいと思う、承接の仕方そのものは中野1990みたいにオートマトンっぽく想定した方がいい気がする(例えばカ+スとか言わんし)

岡部嘉幸(2003.4)ハズダとニチガイナイについて:両者の置き換えの可否を中心に

岡部嘉幸(2003.4)「ハズダとニチガイナイについて:両者の置き換えの可否を中心に」『日本語科学』13

要点

  • ハズダ・ニチガイナイの置き換えの可否を「判断の根拠の確かさ」に求める(ハズダは確か、ニチガイナイは不確か)ことがある(三宅1993)が、問題がある
    • 少し熱がある。私は風邪を引いたニチガイナイ/?ハズダ
    • 彼はパーティ好きだから、明日のパーティに出席するニチガイナイ/ハズダ
      • この2者に、根拠の確かさの程度差はないだろう
    • ハズダ・ニチガイナイを同一類型のものとしてではなく、たまたま用法が一致するものと見て、条件記述を考えたい
  • ハズダの基本的意味を「事態を理屈の上で成り立つ事態として語る」と考える
    • Aタイプ:現実でも成り立つかどうかを問題する
    • Bタイプ:現実でも成り立つかどうかは問題としない

f:id:ronbun_yomu:20201011121216p:plain
p.113

  • ニチガイナイには大きく2つの用法がある
    • 事態が最も適当であると主張する用法(あのうずくまっている人はお腹が痛いにちがいない)、これはノダ文が可能
    • 状況からの帰結として、事態が最も適当であると主張する用法(昨日はとても忙しかったから、今日彼は疲れているにちがいない)、こちらはノダ文不可
    • 「ある状況の解釈、あるいはある状況からの帰結として当該事態が最も適当であるということを主張する」と規定すると、
    • 「事態=状況」「事態→状況」という時間的関係の場合に前者の用法、「状況→事態」という時間的関係の場合には後者の用法になる

f:id:ronbun_yomu:20201011121232p:plain
p.116

  • 以上より、ハズダとニチガイナイの置換の可否を考えると、
    • ①事態が現実に成り立つかどうかを問題とする、②現実に成り立っているかどうかを未確認、③状況→事態という先後関係がある 場合にのみ、置き換えが可能になる
      • 事態の正当性を主張するハズダ(いやいや、クジラは哺乳動物のハズダ)のほか、理屈上の事態成立、さとり(どうりで)、予定、記憶(八王子に住んでいたはずです)はニチガイナイに不可換で、
      • 相手の主張の容認(確かにあなたも疲れているにちがいない、でも、~)、解釈の適当さ(風邪を引いたにちがいない)はハズダに不可換
    • あえてこの両者を同一の意味類型に所属させる必要はない

雑記

  • 「語られた事態」が自然に出てくると尾上イズムを感じる人々

古田龍啓(2020.9)清原良賢講『論語抄』の諸本について

古田龍啓(2020.9)「清原良賢講『論語抄』の諸本について」『訓点語と訓点資料』145

要点

  • 東山本の良賢抄は『応永27年本論語抄』としてよく使われるが、誤写の問題については看過されている
    • 東山本、米沢本、大東急本、両足院本と、良賢抄の書き入れがある慶応本を使用して本文の特徴・諸本関係を明らかにしたい
  • 諸本の異同について、
    • 東山本、大東急本は経文を全て掲げるが、米沢本、両足院本は一部を示すのみ
    • 東山本、大東急本には「私曰」類の注記(書写者によるか)があるが、米沢本、両足院本にはない
    • 本文は概ね東山本と大東急本が一致し、両足院本と米沢本が一致するので、この2系統に分けることができる
  • 系統間の比較、
    • 両足院本・米沢本系統は東山本・大東急本系統に比して解説が詳細である
      • 「叙シテ曰ノ叙」(漢字の使い方)、難解語への注記、固有名詞への「国」などの明記
      • 「読み手の理解を助け、内容の明瞭化に資する」もので、新たな解釈を提示するものではない
    • 東山本・大東急本が口語的表現を用いる箇所で、両足院本・米沢本が文章語を使うことがある
      • タとキ、サヘとダニ、大キイと大キナリ、マイとマジイ
      • 口語的要素が減り、「読み物として整理されている」
  • 同一系統間の比較、
    • 東山本と大東急本は共通の誤脱・誤写を持つが、直接の転写関係にはない(共通祖本を持つ)
    • 両足院本に比べ、米沢本には誤脱が目立つものの、米沢本独自本文もあり、やはり転写関係にはない
  • 東山本には誤りが多く、注意を要する
    • 原拠本にそもそも誤りが多かったというのが一点
    • 東山本独自の誤りもあるので、米沢本との比較検討を行うべき
  • 慶応本の書き入れは東山本系とされる(中田解説)が、むしろ概ね両足院本・米沢本系統と一致する
  • 以上の関係を図示すると、

f:id:ronbun_yomu:20201011114857p:plain
p.14

  • 宣賢抄『論語聴塵』は両足院本・米沢本によく一致する
    • 東山本に基づくと「宣賢が加筆した」ことになるが、そうではない
    • ただし、東山本・大東急本系統も参照していたらしき箇所もある

雑記

  • 発表のときも面白かったし論文読んでも面白かった

舩木礼子(1999)意志・推量形式「べー」の対照:用法変化の推論

舩木礼子(1999)「意志・推量形式「べー」の対照:用法変化の推論」『待兼山論叢 日本学篇』33

要点

  • 福島県喜多方、②宮城県鳴瀬、③秋田県大館、④秋田県五城目、⑤静岡県沼津、⑥兵庫県稲美の6地点のベーを対照する
  • 接続において、
    • ①②③④はほぼ一段・カ変・サ変・四段にわたって終止形接続で統一される一方、⑤は単純化の傾向が認められない(コベー・クルベー、シベー・スルベー)
    • ⑥は著しく異なり、終止形接続のものと、ウ・ヨウに接続するものがあって、終止形接続のものは文末終止しない(行クベシだった/*行くベシ。)

f:id:ronbun_yomu:20201010150704p:plain
p.20

  • 用法において、推量・確認要求、意志・申し出・勧誘・やわらげた命令(○○ちゃん、もう寝ンベナー)を立てると、
    • ①は最も広く全てにわたり、②はやわらげた命令を持たない
    • ⑤は意志のみ(意志・申し出・勧誘)、⑥は文末終止しないベシがツモリ相当で用いられる(行クベシだったけど)
    • ⑥の非文末のベシは、「事態が未実現で、一人称がその事態を実現する意志を持つことを聞き手に示す」意味を担う

f:id:ronbun_yomu:20201010150647p:plain
p.22

  • 終助詞的用法において、
    • ⑥にはウ・ヨウに接続する任意的なベーがあり、意志でも基本形には後接せず、独り言のみで用いられる
      • 「行こうっと」同様、「表明した話し手の意志に変更の可能性がないことを示す形式」
    • ①でも情報提示(すなわち推量系でない)のベーがある
  • 変化傾向をまとめると、
    • 形式分化について、推量・意志の両方担う①②③、どちらかを担う④⑤⑥
    • 意志推量以外への変化について、ベーが広く使われながらそれ以外へ展開する①、意志推量の用法は他に譲り、ベーが他の機能を持つ⑥

雑記

  • みんなもうコロナのこと忘れちゃったのかな

江原由美子(2019.3)逆接仮定を表す接続助詞トモとトをめぐって

江原由美子(2019.3)「逆接仮定を表す接続助詞トモとトをめぐって」『岡大国文論稿』47

要点

  • トモ・トの歴史について考える
    • 現代語では生産的でないが、かつては主要形式であったこと
    • モの有無と、トの使用が中世末期以降に増えること
      • ドモ・ドからの類推説は、ドが既に文語化した中世末期以降にトの使用が増加することを説明できない
  • 中世末期・近世において、
    • 虎明本~近松頃に、トモの衰退・トの伸長の境目がありそう
    • トの前接語にはウ・マイが多いが、トモの前接語には動詞も見られる
    • 中古においてはトモに推量がつくことはほぼないので、本来必要なかった推量が前接するようになったことがトモによる逆接仮定に大きな影響を与えたはず
  • トモ・トの関係性については以下のように考える
    • 中世末期・近世におけるトモは、全称的な表現との共起率が高く、トモそのものが担う逆接仮定の機能は弱まっていたのではないか*1
    • 一方のトも不定や並列による全称表現が(ウの場合以外にも)用いられており、トモにおけるモの添加の機能の代替を果たしていると考えられる
    • すなわち、「モが落ちたトのみでもトモと同等の表現ができる環境が整った」ことがトの使用増加に繋がったのではないか

雑記

  • いっきに寒くなってきたけど、洗濯物増やしたくないなあ

*1:確かにと思うけど、これってテモとかでもそうだったりしないかなとも思う(でもテモはモが落ちることはないですね)