ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

安本真弓(2009.3)中古における感情形容詞と感情動詞の対応とその対応要因:中古前期・中期の和文作品を対象として

安本真弓(2009.3)「中古における感情形容詞と感情動詞の対応とその対応要因::中古前期・中期の和文作品を対象として」『国語語彙史の研究28』和泉書院

要点

  • 中古において、現代語よりも感情形容詞と感情動詞の対応(アサマシ・アサム、オドロカシ・オドロク)が多いことについて考える
  • 感情形容詞と感情動詞の持つ感情は基本的には同じだが、「感情主が描写の人物と一致するか」という点において異なる
    • 形容詞は描写の中心人物、動詞は描写の中心人物ではない第三者の感情を描く*1
    • この中心人物は結局「主題」であると考えられるので、「主題の人物」の規定を行い(3.1)分布を示すと、やはり予想された結果が得られる

f:id:ronbun_yomu:20210921204841p:plain
p.48

  • 「中古の感情形容詞が「主題」に偏って用いられるのは、語り手・話し手・「主題」という表現主体の側に属す人物の自己の感情しか表出できないという強い制限が、あらゆる面で存在しているから」
    • 終止形だけでなく連体形や連用形にも同じ制約が見られるし、
    • 形容詞+思考動詞の場合も同様の制限がある
    • 中古の感情形容詞の人称制約が、(現代語に比して)強いということでもある
  • 以上を踏まえ、冒頭の問い、「感情形容詞と感情動詞の対応が多く存在する要因」は、感情形容詞が「感情表出」の用法しか持たず、「状態描写」の用法を動詞が担ったためであると考える
    • 現代語の場合、「彼が悲しそうだ」「(不特定にとって)恐ろしい病気」がいける

雑記

  • 昨日の注のコメント、たまたま週末に杉村先生がそういう講演をするっぽい

www.cocopb.com

*1:形容詞の方に制約があって、動詞の方には特にない(ことが結果として偏りを生む)ということではないか? そういう意味で、ここでガルを例に出すのはミスリーディング?

小亀拓也(2021.3)連体修飾節中に生起しにくい述語形式について

小亀拓也(2021.3)「連体修飾節中に生起しにくい述語形式について」『間谷論集』15.

要点

  • 連体修飾節の統語的制限についての三原(1995)の議論を定量的観点から再検討したい
    • 「判断確定性が最高次である確言のムード表現は連体修飾節中に生起可能であり、概言のムード表現は判断確定性が低くなるに従って生起が困難になる」(三原1995)

f:id:ronbun_yomu:20210921202611p:plain
p.47

  • カモシレナイ、ニチガイナイ、ラシイ、ダロウの連体法は、述語形式(シタ36.1%, シテイル16.9%, と思われる: 17.1%, ハズ9.1%, デアロウ4.8%...)に比して低い

f:id:ronbun_yomu:20210921202633p:plain
p.54

  • 考察、
    • 三原は カモシレナイ・ニチガイナイ>ラシイ という容認度の判断だが、生起率はむしろラシイ>カモシレナイ・ニチガイナイ*1
    • デアロウ(4.8%)とダロウ(0.3%)の比較から、「推量判断をあらわすものとして文法化がより進んだ述語形式は連体節中に生起しにくい」(p.56)と考える
    • 連体法がほとんど存在しないのは、「推量」を「言語行為的意味が表現されることのない場所では用いることができな」(p.57)いためであり、
    • 連体法の実例が少数ながら存在するのは、カモシレナイ、ニチガイナイ、ラシイが、実質語的な側面を残すため*2

雑記

  • アウトプットの期間が全然終わらず、もう吐くものがないのに腹パンされ続けてる人みたいになってます そんな人はいませんね

*1:これよく見るけど、例が現れやすいかどうかをイコール容認性の高さとして結びつけていいんかなと思う、容認度と頻度は違うよね

*2:それを言い出したら何でもありやん感があり、特にラシイの「実質語に近い意味合い」(p.59)と、普通に連体修飾できるけど典型的機能語化は終わってるハズダと、そもそもの「文法化の「進度」」的なものをどう客観的に評価するかみたいな説明が必要に思う

菊池そのみ(2019.1)古代語の「ての」について

菊池そのみ(2019.1)「古代語の「ての」について」『筑波日本語研究』23.

要点

  • 標記形式(飲みての後は・万821)について、以下2点を考えたい
    • 1 古代語における、テノによる連体修飾と、連体形連体修飾との間の差異
    • 2 古代語のテノと現代語のテノの差異
  • 調査結果、
    • 古代語のテノの下接形式は時を表す名詞(後、世、頃)が多く、現代語に比してバリエーションが少ない
    • 成分としては、副詞句的に働く例が多い
  • 1点目について、
    • テノは、連体修飾とは異なる時間関係を表示する
      • 「身まかりての秋」は「~が起きた年の秋」であり、「隠れたまへりし秋」のような「亡くなった秋」ではない
    • 一方、連体修飾と同じような時間関係の表示(おはしまさずなりてのころ/~なりたるころ)もある
  • 2点目は、連体化のタイプの異なりが指摘できる
    • 現代語はA「連用修飾節の連体化」、B「補文の連体化」の2つのタイプを持つが、古代語はB「補文の連体化」のみを持つ
    • A ヤブや雑木をかきわけての重労働 → かきわけて重労働する
    • B ひたすら働き続けての定年 → 働き続けて迎える定年

雑記

  • これいいすね

note.com

山本佐和子(2020.3)中世室町期における「ゲナ」の意味・用法:モダリティ形式「ゲナ」の成立再考

山本佐和子(2020.3)「中世室町期における「ゲナ」の意味・用法:モダリティ形式「ゲナ」の成立再考」『同志社国文学』92.

要点

  • ゲナが「本体把握」「内実推定・原因推定」を主張し、ゲナリとの関係性からその意味が生まれる理由を考えたい
    • cf. 大鹿1993, 1995, 2004, 岡部2011
  • ゲナの意味・用法、
    • 形態的に:ゲナはゲナリに比して形態的な制約が大きく、活用は「ゲニ候」「…ゲデ、~」しかない
    • 原則は終止形+ゲナであるが、テアル・オ~アルの場合にアリゲナがあり、「良い」にヨゲナ・ヨイゲナの二形態が認められる
      • アルや、話者の判断・評価を表すヨイで、「接辞とモダリティ形式とが近似する」…(ア)
    • 意味的に:ゲナはラシイ同様、「所与の事態からその背後にある、全体としての事態を把握している」という「推定」の判断(本体把握)を表す
    • 構文的に:ゲナはホドニ節を受ける例が多い
      • そこには焦点の移動が認められ、ゲナの前接部分が名詞句になっている可能性がある…(イ)
  • ゲナの発達について、
    • 青木2007は、a. 語「~ゲナリ」、b. 名詞句「~ゲ」+「ナ」、c. 文「~」+「ゲナ」 の3段階を想定するが、当時のコピュラはナリではなくヂャであるので、ゲ+ナという異分析は起きないのではないか
    • このとき、上記アはaとcの連続性を、イはcの前に名詞節(準体句)+ゲナ の段階を想定すべきことを示すものと考えられる
    • ゲナリの方を見ると、室町には連用形ゲナリが「気配・存在が感知される状態」(きたなげなり)のみならず、「個別・具体的な事態の属性」(思ひたりげなり)を表すことができるようになっている
    • 漢語形容動詞語幹への後接を経て名詞+ゲナが可能になったこと、対義的でかつゲが形態的に独立するゲ(モ)ナシの存在があったために、ゲナの前接語が早くに連体形になったものか
    • 連用形ゲナリの「個別~」の用法、名詞に直接つく用法が生じたことで、「前接する活用語の連体型は、「ゲ」への連体節ではなく、…名詞節(準体句)であると捉えられ、「ゲナ」は語を形成する接辞から、文法的な要素へと変化したと考えられる」

雑記

  • 8月一瞬で終わったんジャガ…

佐藤順彦(2011.3)後期上方語におけるノデアロウの発達

佐藤順彦(2011.3)「後期上方語におけるノデアロウの発達」『日本語文法』11(1).

要点

  • 江戸語のノダロウについては明らかな点が多いが、上方語についてはそうではない
  • 上方語における事情推量を表す形式の調査結果
    • 前期→後期にかけて、モノジャ>ノジャの交替
    • 前期→後期にかけて、モノデアロウもノデアロウに交替
    • デアロウは一貫して見られる(まだ変化の影響を被っていない)
    • 江戸語もほぼ同様か
  • モノジャ>ノジャについて、
    • モノジャは希薄ではあるが実質的意味を有しており、一方のノは実質的意味を持たないために「使い勝手がよかった」ことによるのではないか
  • ノデアロウについて、
    • 安永期には確立しており、
    • 江戸語では原因・理由焦点(~から~のだろう)が遅いという指摘がある(鶴橋2009)が、上方語では当てはまらない
  • デアロウはノデアロウと併存するが、これは、背後事情を問う場合のノカにノが任意的であることと並行する
    • 「事態の事情・意味を問題にする場合、現代語では専用の形式(ノダ・ノカ等)の使用が義務的であるのに対し、近世語ではそれが任意だった」(p.15)

雑記

  • 家ほし~

佐藤順彦(2009.3)前期上方語のノデアロウ・モノデアロウ・デアロウ

佐藤順彦(2009.3)「前期上方語のノデアロウ・モノデアロウ・デアロウ」『日本語文法』9(1).

要点

  • 前期上方語で未発達であったノデアロウの機能を、モノデアロウ・デアロウが担っていたことを主張する
  • 現代語のノダロウの機能は事情推量であり、
  • 前期上方語のノデアロウは数が少なく、いずれの例も代名詞的なノであって、ノダの推量形としてのノデアロウは成立していなかった
    • さだめてこれが、侍衆のとらせらるゝ二人扶持といふのであらふといふた。(当世軽口咄揃)
  • 一方、ノジャには(語用論的な)事情推量の例があり、過渡的である
    • それがきいて。せくのじや[薬が効いて咳き込んでいるんだ](本朝廿四孝)
  • 事情推量を表す形式としては、モノデアロウが事情推量専用で使われ、モノジャも(語用論的な)事情推量の例がある
  • 前期上方語のデアロウは、後期江戸語のダロウ同様、事情推量を表す用法を持つ

雑記

  • 準体のこと考えるときに、モノ系形式のことをもっと考えたい

大西拓一郎(1999.11)新しい方言と古い方言の全国分布:ナンダ・ナカッタと打消過去の表現をめぐって

大西拓一郎(1999.11)「新しい方言と古い方言の全国分布:ナンダ・ナカッタと打消過去の表現をめぐって」『日本語学』18(13)

  • GAJ151の打消過去の分布と中央語史を比較したい

f:id:ronbun_yomu:20210823204923p:plain
p.100

  • GAJ151「行かなかった」では、
    • 東にナカッタ、西にナンダ
    • ナンダ類を囲むように、新潟・九州・中国・中部などにンカッタ
    • ザッタが中国西部・高知、九州北部~南東部
    • ンジャッタが九州の西・北東~中国西部(鹿児島にはンナッタも)
  • 歴史の推定、
    • ナンダ類にはナフ説とヌ+アッタ説があるが、鹿児島のンナッタは後者を支持する
    • ナカッタは形容詞ナイと同形となったもの(中央語では近世以降)
      • 東北でも形容詞同様のネカッタが見られることより、東日本でのナイの「無い」への合流は相当に早かったと考えられる
    • ザッタは全てがザリタ>ザッタではなく、ンジャッタ(ヌ+コピュラ+過去)の発生に伴って生じたものもありそう
    • ンカッタ・ナンダは周圏的な分布だが、ンカッタ>ナンダとはみなすことができない
    • ンケ(静岡)、ナイッケ(静岡・山形)は否定+過去の単純な語形成を行い、
    • ンダ(近畿周辺)は、ン(否定)+ダとはみなせない可能性がある

雑記

  • すぐさぼる