ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

吉田茂晃(2007.2)〈カラ〉と〈ノデ〉に関するノート

吉田茂晃(2007.2)「〈カラ〉と〈ノデ〉に関するノート」『山邊道』50

要点

  • 永野の「カラ=主観/ノデ=客観」という図式を離れて、カラが原因理由全体、ノデに使用制限のあるということの解釈を行いたい
    • カラが可能でノデが不可能な以下の用法は全て上の図式から説明されるが、その「主観」の内実にばらつきがあるし、
      • A 後件が主観*1/B カラダ。/C カラ。/D ~カラコソなどの提示/E 推量+カラ(ダロウカラ)/F ノダカラ
    • G 客観的叙述 は「ノデのほうが好まれる」とは思えない
  • ガ・ノニとの比較を通してカラ・ノデについて考える
    • 「カラが広くノデが狭い」ことと、「ガが広くノニが狭い」ことは相似的
    • e.g. 天気はいい{*のに/が}、花見には行かないでおこう
  • Gには用いられるがA, Eには用いられないノデ・ノニは、〈二事態間の確定的な関係〉の成立を前提としていると考えられる
    • その確定した関係について、以下の評価を与える形式である*2
      • ノデ…前件と後件の関係のふさわしさを主張
      • ノニ…前件と後件の関係のそぐわなさを主張
      • ノによって体言化することで、「前・後件が不可変的・静態的な事態どうしとして結合されて、両件の関係が評価の対象となる」
  • 一方でカラ・ガは、「後件の意味的成立を促進または阻害する要因を表示するための形式」と考える
  • 以下、この差異をもとにニュアンスの差、機能差、文体差について説明(5-7節、省略)

メモ

  • 「ダロウノニ・ダロウノデはノの名詞化によって阻害される」と考える場合、ゼロ準体+助詞系の条件形式も同様に、名詞化してるから推量が入れないと考えなければいけない
  • が、実際は、ウニ、定着前のウノニはOK(青木「のに」)であり、
  • それに対し、確定条件についてはウデ、ウノデは(知る限りでは)NGで、そのばらつきが説明できなくて、困る
    • 井島2011はダロウカラがいける現代語の方がむしろ不自然ということを言っているが、古代語でもムヲ、ムニがこのあたりをやれてるっぽいので、已然形にそれができなかったというだけだと思う

*1:「私がやっておくのでもう帰りなさい」余裕で言える派

*2:ちょっと飛躍するように思う

菊池そのみ(2021.8)古典語における形容詞テ形節の副詞的用法の変遷

菊池そのみ(2021.8)「古典語における形容詞テ形節の副詞的用法の変遷」『国語語彙史の研究40』和泉書院

要点

  • 標記の問題について、以下2点を考える
    • 通時的概観と、下接する動詞の特徴についての検討
    • 形容詞テ形節の修飾のタイプに基づく各時期の様相の記述
  • 中古語の形容詞テ形節を以下の2類に大別し、量的推移を見ると、Ⅰ類のテ形節の減少が認められる
    • Ⅰ類(副詞的用法、近藤のA類):近くて見るに、(大和)/いとやむごとなくておはすめり(大鏡
    • Ⅱ類(非副詞的用法、近藤のB類):いみじう騒がしうて、~三月ついたちに亡くなりぬ(更級)

f:id:ronbun_yomu:20210929235639p:plain
p.43

  • 語彙的には、
    • 中古~近世前期のⅠ類は「無くて~」が多いが、近世後期には「久しくて~」に固定化する
    • 中古~中世前期のⅠ類は「~くて過ぐす/止む/有り/過ぐ」に偏るが、中世後期以降には偏りがなくなる
  • 修飾のタイプの傾向を見るに、形容詞テ形節の付帯状況の例の減少がⅠ類の衰退と関係しそう
    • 付帯状況(うつくしうてゐたり)の占める割合が減少し、
    • 空間(とほくて見れば)、時間(はかなくて日ごろは過ぎゆく)*1、数量(多くておはしぬ)が相対的に見出しやすくなる傾向が認められる

f:id:ronbun_yomu:20210929235654p:plain
p.49

雑記

  • 構成も手堅くて、学部生にお手本として読ませたいな~と思った

メモ(2021/10/10)

  • これ、「あまた見えてのぞく」(源氏・夕顔)みたいな例あるし形容詞だけの問題じゃないですね

*1:これ「時間」なのかな?空間を「遠い位置で」、数量を「多い分量で」と言い換えられるのに対して、あっけない意のハカナシは単に「短い時間で」と言っていいんだろうか(固定化した久しうて~は時間と言ってよさそう)

新里博樹(1983.1)終止形を有する形容詞群の考察

新里博樹(1983.1)「終止形を有する形容詞群の考察」『国語研究』46.

要点

  • 上代の形容詞における標記の問題について、以下の2点を考える
    • Ⅰ 終止形を有する形容詞にはどのような語があるか
    • Ⅱ それらの形容詞はどのような特徴を有しているか
  • 万葉集の形容詞の分布、
    • ク活用は語幹・連用形・連体形が多く、シク活用は終止形・連体形が多い
    • 終止形を有する形容詞は、シク活用の占める割合がク活用よりやや大きい
  • 終止形の例のみがある形容詞もやはり、シク活用が多い
    • あさまし、こころぐるし、はづかし、まぎらはし、…
    • ク活用形容詞も、ありがたし・たやすしのような話者の判断を示すものが多い
  • それと並行して、終止形の比率が高い形容詞はカリ活用になりにくい
    • 終止形の述定機能は話者の判断、カリ活用の述定が状態の陳述と考えると、理解しやすい

雑記

  • 学振の書き方の記事でも書こうかな

劉相溶(2000.9)形式名詞「ハズ」の意味転成:洒落本を中心に

劉相溶(2000.9)「形式名詞「ハズ」の意味転成:洒落本を中心に」『専修国文』67.

要点

  • ハズ関連形式を、元の名詞とのかかわりではなく、ハズ(ダ)内での意味変化内の問題として考察したい
    • 対象資料は洒落本と、捷解新語、浮世床、遠鏡など
  • 中世末期にはハズが「約束・予定」の意で用いられているが、
    • 捷解新語原刊本のハズが、第一次改修本ではツモリになっている
  • 「論理的推定のハズ」が使用を広げていく
    • 背景に、ベシの消滅がありそう
  • 論理的推定のハズ増えた根拠、以下3点
    • 条件文との共起の増加
    • ソノハズ系の増加
    • ハズノコト系などの「ハズ+形式名詞」の普及
    • 「論理的推定のハズ」は助動詞「ベシ」の消滅の影響を受けて発生したものであると考えられる。」(p.102)*1

雑記

  • この時期の「学振n連敗したけど職就いてます」みたいなの、まじでやめてほしいと思うなあ(そんなのイマ・ココ・ワタシには煽りにしかならないでしょ)

*1:因果にズレがある?

吉田光浩(1990.3)主成分分析法による形容詞の活用分析:「枕草子」を資料として

吉田光浩(1990.3)「主成分分析法による形容詞の活用分析:「枕草子」を資料として」『大妻国文』21.

要点

  • 形容詞の活用形の分布の偏りから、その機能の分布を検討したい
  • 枕草子に出現する形容詞の、各活用形+補助活用の出現率を求めると、以下の相関がある
    • 終止形と已然形に正の相関→述語的用法を基本とする形態としての共通性
    • 終止形と連用形に負の相関→述定性と装定性の非共存
    • 連体形と終止形に負の相関
    • 連用形と連体形に負の相関→連用装定と連体装定の非共存性

f:id:ronbun_yomu:20210922021737p:plain
p.10

  • 形容詞のタイプとの関係性は以下の通り
    • シク活用は述語的な用法(終止・已然)が優勢、ク活用は連体修飾的な用法が優勢
    • 感情形容詞は終止・已然形型に分布(山本1955とも関連)

雑記

  • この論文1990年に書いてんのやべえやろ

安本真弓(2009.3)中古における感情形容詞と感情動詞の対応とその対応要因:中古前期・中期の和文作品を対象として

安本真弓(2009.3)「中古における感情形容詞と感情動詞の対応とその対応要因::中古前期・中期の和文作品を対象として」『国語語彙史の研究28』和泉書院

要点

  • 中古において、現代語よりも感情形容詞と感情動詞の対応(アサマシ・アサム、オドロカシ・オドロク)が多いことについて考える
  • 感情形容詞と感情動詞の持つ感情は基本的には同じだが、「感情主が描写の人物と一致するか」という点において異なる
    • 形容詞は描写の中心人物、動詞は描写の中心人物ではない第三者の感情を描く*1
    • この中心人物は結局「主題」であると考えられるので、「主題の人物」の規定を行い(3.1)分布を示すと、やはり予想された結果が得られる

f:id:ronbun_yomu:20210921204841p:plain
p.48

  • 「中古の感情形容詞が「主題」に偏って用いられるのは、語り手・話し手・「主題」という表現主体の側に属す人物の自己の感情しか表出できないという強い制限が、あらゆる面で存在しているから」
    • 終止形だけでなく連体形や連用形にも同じ制約が見られるし、
    • 形容詞+思考動詞の場合も同様の制限がある
    • 中古の感情形容詞の人称制約が、(現代語に比して)強いということでもある
  • 以上を踏まえ、冒頭の問い、「感情形容詞と感情動詞の対応が多く存在する要因」は、感情形容詞が「感情表出」の用法しか持たず、「状態描写」の用法を動詞が担ったためであると考える
    • 現代語の場合、「彼が悲しそうだ」「(不特定にとって)恐ろしい病気」がいける

雑記

  • 昨日の注のコメント、たまたま週末に杉村先生がそういう講演をするっぽい

www.cocopb.com

*1:形容詞の方に制約があって、動詞の方には特にない(ことが結果として偏りを生む)ということではないか? そういう意味で、ここでガルを例に出すのはミスリーディング?

小亀拓也(2021.3)連体修飾節中に生起しにくい述語形式について

小亀拓也(2021.3)「連体修飾節中に生起しにくい述語形式について」『間谷論集』15.

要点

  • 連体修飾節の統語的制限についての三原(1995)の議論を定量的観点から再検討したい
    • 「判断確定性が最高次である確言のムード表現は連体修飾節中に生起可能であり、概言のムード表現は判断確定性が低くなるに従って生起が困難になる」(三原1995)

f:id:ronbun_yomu:20210921202611p:plain
p.47

  • カモシレナイ、ニチガイナイ、ラシイ、ダロウの連体法は、述語形式(シタ36.1%, シテイル16.9%, と思われる: 17.1%, ハズ9.1%, デアロウ4.8%...)に比して低い

f:id:ronbun_yomu:20210921202633p:plain
p.54

  • 考察、
    • 三原は カモシレナイ・ニチガイナイ>ラシイ という容認度の判断だが、生起率はむしろラシイ>カモシレナイ・ニチガイナイ*1
    • デアロウ(4.8%)とダロウ(0.3%)の比較から、「推量判断をあらわすものとして文法化がより進んだ述語形式は連体節中に生起しにくい」(p.56)と考える
    • 連体法がほとんど存在しないのは、「推量」を「言語行為的意味が表現されることのない場所では用いることができな」(p.57)いためであり、
    • 連体法の実例が少数ながら存在するのは、カモシレナイ、ニチガイナイ、ラシイが、実質語的な側面を残すため*2

雑記

  • アウトプットの期間が全然終わらず、もう吐くものがないのに腹パンされ続けてる人みたいになってます そんな人はいませんね

*1:これよく見るけど、例が現れやすいかどうかをイコール容認性の高さとして結びつけていいんかなと思う、容認度と頻度は違うよね

*2:それを言い出したら何でもありやん感があり、特にラシイの「実質語に近い意味合い」(p.59)と、普通に連体修飾できるけど典型的機能語化は終わってるハズダと、そもそもの「文法化の「進度」」的なものをどう客観的に評価するかみたいな説明が必要に思う