ronbun yomu

言語学(主に日本語文法史)の論文を読みます

常盤智子(2013.10)富田源太郎著『英和婦人用会話』にみられる助動詞「ウ」+終助詞「ワ」について

常盤智子(2013.10)「富田源太郎著『英和婦人用会話』にみられる助動詞「ウ」+終助詞「ワ」について」『近代語研究17』武蔵野書院.

要点

  • 富田源太郎(1867?-1917)による英学会話書『英和婦人用会話』(1914刊)は、当時の口頭語が反映されるものと見られるもので、終助詞の使用が豊富である。
  • その中に、現代東京語では不自然に思われるウ+ワの承接例があり、
    • 少々休んでまいりませうわ。/ Yes, I would like a few minutes' rest; ...
    • では、わたしも一つ買はうわ / Then, I'll have one, too.
  • ウワに限らず、" 'll " と対応する日本語文に注目すると、以下の4類に整理できる。
    • A -aウワ / B -aウ / C -uワ / D -u
  • Aは江戸時代にも例があるが、これは、当時はまだ、ウ(意志)・ダロウ(推量)の分化が完了していないことによるのではないか?
    • ウが意志に特化すると、ワの機能と重複が起こり、承接が許容されなくなるのではないか?と考える*1

雑記

  • Slackが何かに参加するたびに勝手にメール送ってくるようになるの許せん(チェック外してるのに)

*1:機能ごとに承接の分布が異なるのって普通に有り得るだろうし、やや現代語の目から見た説明っぽくは感じる

村上謙(2013.12)明治大正期関西弁資料としての曽我廼家五郎喜劇脚本群

村上謙(2013.12)「明治大正期関西弁資料としての曽我廼家五郎喜劇脚本群」『埼玉大学国語教育論叢』16.

要点

p.5

  • 全体的な資料性について、
    • 五郎作品群には、関西弁話者のみの作品(表中○)以外に、関西弁話者と標準語話者が混在する作品(表中△)があり、場合によっては「当時の関西弁を、標準語との交渉を前提として捉え直す必要」のあることを示唆する
    • 基本的には「関西弁話者かどうか」を判定した上で、そのスタイル別に分析するのが有効であるが、中間的な話者(e.g. ジャ以外に方言臭を感じない場合)があることには注意する必要がある
  • 否定表現を事例として資料性を見ると、
    • 否定のヌ・ナイ:標準語話者がヌ系を使用する点、ヘンの使用が見られる点が注目される
    • 待遇+否定:関西弁話者ではSH交替形のマヘン・オマヘンが多く見られ、オマヘンの例はない
    • 過去+否定:ナンダVSナカッタの関西弁・標準語の対立があり、ンカッタの例はない
    • 当為:SP盤・小剣作品には見られない、ネバをもとにした形式(e.g. ネバナラヌ)の例がある

雑記

  • 本当に夏休みが終わる……

村上謙(2006.10)近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について

村上謙(2006.10)「近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について」『日本語の研究』2(4).

要点

  • 近世前期上方に成立した、敬意を有するテ+指定辞(e.g. 聞いてじゃ)の成立に、「テゴザルからの変化」説を主張する
  • 以下の従来説は、いずれも採れない
    • 省略説:省略前の語形が見られない
    • 体言化説:近世成立であることを説明しないし、テ形単独で名詞化する例(歩いてが~)*1もない
    • 状態化説:トル(<テオル)がヨルに比して状態的な性質を持つと見るものだが、状態的であることによって待遇性が生まれたとは考えにくい
    • 「ての事だ」関与説:古代語に見られる「~てなりけり」の流れを汲むと見るものだが、近世のテ+指定辞には原因・理由を表すものは稀である
  • テゴザルのゴザルの部分をジャなどで代用することでテ+指定辞が成立したと見れば、尊敬表現であること、成立時期、状態性表現であることの説明が可能になる
    • 近世前期までのテゴザルは二・三人称の領域に偏り、テゴザルが丁寧語から尊敬語の領域へとシフトしていく状況を示すと言える
    • 近世前期、ゴザルは動作動詞に偏るなど、代替となる状態性表現形式が必要となったものと考えられ、ここに「指定辞としてのゴザル(ないしデゴザル)に類する働きを持つジャやゾ、ナリ」を代用したものと見る
    • その成立には、オ+連用形+ジャの間接的な影響もあった

雑記

www.youtube.com

*1:採れないのはそうだけど、コピュラ側の問題ならいけるのでは?((何で行ったかというと、)歩いてだ)

長崎靖子(2004.11)江戸語から東京語に至る断定辞としての終助詞「よ」の変遷

長崎靖子(2004.11)「江戸語から東京語に至る断定辞としての終助詞「よ」の変遷」『近代語研究12』武蔵野書院.

要点

  • 前稿(2004.3)で示した江戸語の断定を表すヨの通時的変遷を、サとの比較も含めて考える
    • 江戸語の断定のヨは女性の使用に(結果的に)制約があり、サは女性の方が使用率が高い
    • 現代語のヨは女性専用と理解され、サは男性語的である
  • 使用の推移は以下の通り
    • ヨの女性語と考えられる使用は明治初期以降
    • 一方、男性によるヨの使用は減少傾向にある

p.348

  • これらの変化は、サの変化(長崎1998)とヨの変化に起因する
    • デスの標準語化によってサの「丁寧さ」が薄れた結果、サは女性に使用されなくなった
    • もともとぞんざいな会話にしか使用されなかった断定ヨは、サが男性において中心的になることで標準的な使用から離れた
    • これが一方で、結果的に女性の断定ヨの使用を促したと考える

雑記

  • ジャパンがきもすぎる

長崎靖子(2004.3)『浮世風呂』『浮世床』に見る断定辞としての終助詞「よ」の位相:断定辞としての終助詞「さ」との比較から

長崎靖子(2004.3)「『浮世風呂』『浮世床』に見る断定辞としての終助詞「よ」の位相:断定辞としての終助詞「さ」との比較から」『会誌(日本女子大学)』23.

要点

  • 江戸語で断定を表すヨの位相を、サ(長崎1998)との比較から考える
  • ヨは、
    • 男女ともぞんざいな会話にのみ使用され、
    • 男性の方が女性より使用率が高い
  • 一方のサは、
    • ぞんざいな会話・丁寧な会話の両方で使用され、
    • 女性の方が男性よりも使用率が高い
  • ヨの使用率の差は性差が直接効いているのではなく、「ぞんざい」な場で使用できることによる選択であると考えられる
    • 現代語のヨは性差と結び付けられるが、この点、江戸語のヨとは性質が異なる

雑記

  • ぞんざいなぜんざい

長崎靖子(1998.3)江戸語の終助詞「さ」の機能に関する一考察

長崎靖子(1998.3)「江戸語の終助詞「さ」の機能に関する一考察」『国語学』192.

要点

  • 現代語では終助詞サは仲間内のぞんざいな会話に使用されるものとされるが、
  • 江戸・東京語では、幕末までは丁寧な会話にも使用される
    • 福助→金)さやう 是ぢやア豊年でござります(浮世風呂・上)
  • 江戸語のサには、「助動詞「だ」に類する断定の働き」があり、これが当時のサの主たる機能であると考えられる
    • これは、サの動詞・形容詞・助動詞への接続例の少なさが傍証となり、
    • ヨ・ネも断定辞としての働きが現代語より強かったのではないか
  • この変化は田中(1965)の「分析的傾向」に沿うもので、「情緒的な面をもつこれらの終助詞は、断定辞という文法的機能を担う語から外されていった」ことと、丁寧に断定を表せるデスの発生によって起こったものである

雑記

  • 我々はまず、終助詞とかいう用語を使うのをやめたほうがいいのでは

勝又隆(2014.7)古代日本語におけるモノナリ文と連体ナリ文の構造的差異について

勝又隆(2014.7)「古代日本語におけるモノナリ文と連体ナリ文の構造的差異について」『西日本国語国文学』1.

要点

  • 古代語の主節述部におけるモノナリと連体ナリは、以下の特徴を持つ。

    1. Vナリは係り結びと共起しないが(高山2002)、モノナリはNナリ同様共起する(係助詞の介在例はどちらもある)。

    2. ベキナリ・ベキモノナリは共に一般論を述べるという類似の用法を持つ一方で相違点もあり、「原因+~ナリ」はVナリにのみあり、モノナリにはない。すなわち、モノナリとVナリは単純な継承関係にはない。

    3. Vナリがガ・ノと共起する一方([身のいと心憂き]なり)、モノナリ(と、おまけにヤウナリ)にはガ・ノが現れない。

    4. 1の特徴はNナリと共通し、3の特徴も用言述語文に近い振るまいであると考えられる。モノナリが当為などの「モノ」以外の意味を表すことから、現代語の文末名詞文と同種の構文が既に古代語にあったものと見ることができる*1

雑記

  • 「研究より校務できる人が一番」とか言っちゃう人、恥ずかしくないのかな

*1:メモ、注11「稿者の立場としては、モノナリという形式を一語化した「助動詞」とは考えていない。勝又(2012a)(2012b)では、モノソ文のモノソという形式が通時的に文法形式として一語化したというよりも、構文構造に支えられて共時的に複合辞として、いわゆる助動詞的役割を担っていると見なすべきであると主張している。モノナリ文についても、その用法や主観性の度合いに異なる点はあるが、同様に考えられる。」
言いたいことは分かるが、これって何によって保証できるんだろう